金持ち父さんのキャッシュフロー・クワドラント (ロバート・キヨサキ、シャロン・レクター)

金持ち父さん貧乏父さん…の続編というか、解説本を自分で書いたというかという感じの本です。

ロバートキヨサキ_金持ち父さんのキャッシュルロークワドラント資産と負債の話し、世の中で良く出る資産家ということばと、実際の資産と意味合いの違いを「金持ち父さん貧乏父さん」でよりももっと丁寧に説明をしています。 これなら会計の知識が無くても大丈夫ですね。

ただ…どのように実践していくか…と言う部分が難しいところです。 起業という形でこの考え方を自分で実践し成功しているのが和民の社長の渡邉美樹さんじゃないかと思っています。 渡邉美樹さんはロバート・キヨサキさんのような考え方を自分の中でしっかりと作り、最初の資金作りから実行してます。

いやぁ…日本にもアメリカにも素晴らしい人はたくさん居ますね。

この本…投資とか金儲けの本というよりも、人生やお金といったことについての考え方について書かれているように思います。

日本の教育ではあまり触れられることのない、お金…ということにたいしてどのような考え方を持って接するか…つまりどのように生きていくのか…ということについてのひとつの考え方を示していると思っています。

なかなか友達や家族ともお金について、どのように考えているか…ということを考えることはないですよね。 そういう場合にこの本を読んで感想を話し合うということで、それぞれの考え方を確認することが出来るかも知れません。

ま…どちらかというと直接的に書いてあるというよりも、間接的に書いてあるような本なので、気の短い人はイライラしてしまうかも知れません。

お金についてちょっと真剣に考えてみようかな…という方にはお勧めですよ。

金持ち父さん amazon携帯用
金持ち父さん amazon PC用

(何回か読んだ後で古本屋に売却しちゃいました)

 

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
ブログ村 読書備忘録

金持ち父さん貧乏父さん (ロバート・キヨサキ、シャロン・レクター)

いやぁ…、出てすぐ買い求めましたよ。

ロバートキヨサキ_金持ち父さん貧乏父さんこの本を読んでスグに理解出来る人は会計の基礎知識があって、複式簿記の考え方が頭に入っている人だと思います。 そうじゃないと、複式簿記の考え方で説明されている負債と資産についての解説の部分で躓くかも知れません。

ロバート・キヨサキさんは会計学を知ってさえいれば、それ程ページ数が必要の無い事項について、この本1冊を使って丁寧に説明しています。 また…その考え方に至った過程をティーンエイジャーの頃の体験を交えて平易な文章で書いてあります。 だから…会計学について勉強をしたことがなくても容易に理解出来るのではないでしょうか。

ロバート・キヨサキさんが訴えかけていることは、大富豪のドナルド・トランプ氏が成功するときに必要なkとと語っていたことと一致しているように私は思います。 う~ん、大学生の頃にこの本に出会っていれば…とも思います。

社会人になってからでも遅くはありませんが…これkら社会に出る大学生にお勧めです。 最近安くなってきている築年数の経っている中古マンションを買うのと綺麗な賃貸に住むのとどちらにしようか…と迷っている時なんかには是非読んでみてください。

時間が自分に味方するとことも若い人ほど有利だということです。

勘違いしてはいけないのは…ロバート・キヨサキさんも本の中で書いていますが、これが唯一の成功への道ではない…ということです。 真面目に仕事をしてコツコツと貯金を貯める…という方法でも大きな成功を手にすることも可能です。

迷ったときには…人生を自分でコントロールする方法はどういう方法があるのか…ということの参考にもなります。

自分の人生は自分で生き方を決めて自由に生きていきましょう!

金持ち父さん amazon携帯用
金持ち父さん amazon PC用

(既に何回か読んだこともあり既に古本屋に売却しちゃいました)

 

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
ブログ村 読書備忘録