怪しい人びと (東野圭吾)

7つの短編が楽しめる1冊です。

どことなく昔の映画の名作「アパートの鍵貸します」の雰囲気がある作品だったりするのも楽しいです。 それぞれの短編が全然違うシチュエーションと展開を持っています。

長い小説は苦手…という方にもお勧め出来ます。 ミステリータッチではありますけど…マニア向けということでもないです。

最近はミステリー大賞にどう考えてもミステリーではないジャンルの小説がノミネートされているところをみると、ミステリーというジャンルは審査員そのものが閉塞感を感じているようにも思います。 まぁ…ミステリーというジャンルでコアのファンと作家での閉鎖空間から、もっと広い視点でミステリーを捉えたいということだと私は思ってます。

東野圭吾さんはミステリー的なものとヒューマンドラマ的なものを融合させようと最近の作品では注力しているように感じます。 この短編集はそのどちらの方向性の作品も含まれているので…お得かな…。

怪しい人びと amazon携帯用
怪しい人びと amazon PC用

東野圭吾_怪しい人びと

通勤や普段のチョットした時間で何か面白い本を読みたいな…という方にお勧めします!

(買って3回読んだかな…)

 

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
ブログ村 読書備忘録