クラリネット症候群 (乾くるみ)

これは面白い!

乾くるみ_クラリネット症候群途中で読むのをストップするのが難しい感じで、一気に読んでしまいました。 2つの話しが収録されていますが、両方とも面白いです。 もし読むのであれば、ちゃんと時間がとれる時に読み始めないと、なかなか本を置くことが出来なくなってしまうかもしれないので注意…という本です。

前に乾くるみさんの本を何冊か読んでいて、どれも面白かったので手に取りました。 まぁ…本の表紙にも惹かれましたけど…。(笑)

クラリネット症候群の中には以下の2編が収録されています。

 マリオネット症候群
 クラリネット症候群

題名は似ていますが、中身はまるで違う感じの話しです。

σ(^^) が好きなのはマリオネット症候群の方かな…。 非現実的な設定というか、ストーリーの進行と登場する誰しもなんだかその非日常的な状況に陥っても平気でいるのんきな感じが何ともにやりとしてしまいます。

表紙のイメージとは2つの話しの両方ともが関係ない感じですねl。 あ…マリオネット症候群の方はちょっと擦っているかな…。 σ(^^)のイメージでは全く違う感じなんですけどね。

クラリネット症候群の方はというと…クラリネットのことを知っているとより楽しめる感じです。 でも…楽器のことをまるで知らなくても楽しめるように書かれています。

クラリネット症候群 (amazon) PC用
クラリネット症候群 (amazon) 携帯用

(2010年に多分読了)

 

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
人気ブログランキングへ

広告

現在コメントは受け付けていません。.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。