あそこの席 (山田悠介)

山田悠介さんの本は好きなので…見かけるとついつい購入してしまします。

山田悠介_あそこの席サスペンスというかミステリーとして書いたのかな…と思うのですが、本を読み慣れている人には最初の方でカラクリがというかどんな事に状況がなっているのかということが文章から分かってしまうのが残念です。

話しそのものは上手にストーリーを紡げば面白くなりそうな感じです。 でも、最初にトリックがバレてしまっては手品もそれ程ドキドキワクワクしないように、この話しもその興奮したり不安に思ったりするはずの部分がそれ程の効果を発揮していませんでした。

それでもいつものように山田悠介さんの本は読みやすくてさらさらと最後まで一気に読めます。 途中で退屈することもないです。

ミステリーを読み慣れていたりすると想像がついてしまうので、う~んという感じですが、実際にはそんなに世の中の人みんながみんな本をバンバン読んでいる訳ではないです。 そういう普段は漫画を読むことが多いけど…という読者層にとっては読みやすいし…内容は面白いからとても良いのだと思います。

それほど普段は本を読まない人にお勧めです。

あそこの席 amazon PC用
あそこの席 amazon携帯用

中学生や高校生のように今学校に通っている人が読むとゾクゾクっとするのではないかと思います。

(2010年:春頃に読了)

 

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
人気ブログランキングへ

広告

現在コメントは受け付けていません。.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。